誰でも簡単!あなただけのホームページ制作術!

スマホ対応のレスポンシブサイトを作ろう

ひと昔前と比べて、ホームページを作るという作業は、ITツールの発達によってずいぶん敷居が低くなりました。中にはホームページの素材を組み合わせて無料でサイトを作れるサービスまであるほどで、ブログを始めるようにオリジナルのホームページを始めることができる時代へとまさに移ろうとしています。
しかし、近年はサイトを閲覧できるデバイスも増えたため、PC以外のデバイスの幅に合わせたサイト制作が求められるようになりました。特に重要視されているのがスマートフォン(スマホ)対応のサイトを作ることです。検索エンジンはPCでもスマホでもデバイス幅に応じてサイトの構造が変わるページを、検索の上位に持ってくるという方針を示しています。これから検索の上位にかかるようなページを作るには、「レスポンシブサイト」を作る必要があるでしょう。

CSSのフレームワークアプリケーションで効率よくサイト制作

では、レスポンシブサイトをできるだけ簡単に作るには、どうすればよいのでしょうか。考えられる方法は、(1)サイトの装飾を担当するCSSで規定の画面幅における文字の表示幅を設定する、(2)無料配布のオープンソースのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)に内蔵されているテーマをベースにサイトをつくる、(3)無料配布しているCSSのフレームワークアプリケーションを利用するの3点です。
中でも初心者が最も使いやすいのは(3)でしょう。HTMLやCSSを少し勉強する必要がありますが、コードの中に指定された文字を入れるだけで、サイトの幅を12分割し、PCではメーンページに9分割、サイドバーに3分割の幅を割り当て、スマホではメーンページが全幅表示されるという具合に、直感的にサイトを作ることができます。他の2つの方法よりも効率的に、かつ流行のデザインを取り入れつつサイトを作ることができるので、このようなアプリケーションをダウンロードしてからサイト制作に臨んでみてはいかがでしょうか。

ホームページ作成とは、主にインターネット上でビジネスを成功させるために作成するページを意味します。スキルが必要といえ、それらを代行してくれる業者も増えています。

© Copyright Sharing Talent. All Rights Reserved.